2024年7月、金沢市福久町にてリニューアルOPEN予定。
- DOCTOR -

ドクター紹介

診療時間
09:00~12:15 /
14:30~17:00 / / /

※2024年7月1日からの新体制を記載しております

院長からのご挨拶

MESSAGE

この度かなざわ土屋眼科で院長を務めさせて頂きます、土屋俊輔(つちやしゅんすけ)です。

金沢市森本の地にて30年以上眼科医療に励んできたつちや眼科クリニック院長、土屋美津保の跡を引き継ぎ、この度福久にて金沢市北部および津幡町・かほく市・能登地域の皆様へ最良の眼科医療を提供することを目標に「かなざわ土屋眼科」の院長に就任させて頂きました。

金沢大学附属病院に在籍中は、大学病院へご紹介頂く白内障・緑内障・網膜硝子体疾患の中でも難治性疾患、および緊急疾患にお困りの方々に数多くの手術を執刀させて頂き、研鑽を積んで参りました。また要請を受けて県内外の多くの病院(石川県立中央病院・金沢医療センター・芳珠記念病院・北陸中央病院など)での手術執刀・応援に赴き、地域の眼科手術の発展に貢献させて頂きました。この経験を活かして、大学病院を辞して、当院での院長就任後も、金沢大学附属病院、石川県立中央病院などにて手術指導・執刀をさせて頂いております。

前院長が大切にしていた、信頼される医院づくり、自分だったら、家族だったらどんな医療を受けてほしいかという皆様に寄り添った医療、そして我々医療者が喜びを感じながら仕事に励む、という想いをそのままに、大学病院にて培った最新の技術で地域の皆様に、質の高い白内障・緑内障・網膜硝子体手術を身近なクリニックで提供させて頂きたいという思いを実現するため、金沢市福久という素晴らしい場所にて開業させて頂きました。今までは石川県では大学病院でしか行われていなかった高度な診療・手術治療を、より身近なクリニックにて提供させて頂き、地域の皆様に最高の眼科医療を届けます。
受診して頂く皆様や、ともに働くスタッフが幸せになれるようなクリニックを目指して全力で励んでまいります。

かなざわ土屋眼科 院長
土屋俊輔

院長経歴

HISTORY
2012年 University of Southampton, School of medicine, Clinical fellowship
2013年 金沢大学医学部医学科 卒業
2015年 金沢大学附属病院 眼科
2016年 University of Washington, Department of Ophthalmology, Visiting Scholar/Scientist
2018年 石川県立中央病院 眼科
2019年 金沢大学附属病院 眼科
2020年 金沢大学大学院 医学博士号取得
2023年 金沢大学附属病院 眼科 特任助教

副院長  
土屋美津保からのご挨拶

眼に関して(眼以外についても)話しやすい、相談しやすい、診療を目指しています。目の病気についてその時のみならず、ずっと見ることができるように考え、治療をしています。コンタクトレンズについても、お一人、お一人の生活スタイルを考え、目に合ったいいものを選び、処方しています。

皆様の「目の健康」を守るため、スタッフ一同全力を挙げて取り組んでいます。

目に関すること、何でもご相談ください。

担当医師紹介

  • 横川由起子
  • 三輪さおり
  • 森奈津子

アクセス

ACCESS